わたしたちは皆様のQOL(=生活の質)を高めて頂く為の知識や情報を色々な講演を通してお届けします。
特定非営利活動法人 QOLサポート研究会

  • QOLUP認定商品-WOX-公式通販サイト
ホーム>大辻まい子の相談室> 脱ステ前に知りたかった事①
脱ステ前に知りたかった事①

皆様、こんにちは。毎日とっても暑いですね

汗をかく練習の時期と思って乗り切りましょう♫

今日は脱ステロイドを試みる前に頭に置いておくと

闘病生活、回復の予後が違うのでは?

と感じる事が頭の中でまとまってきたのでお題目にしました。

これは、もし時間を巻き戻せるのならば

過去の私に教えてあげたい事です。

脱ステロイドを試みる方は、

こんなキーワードにアンテナが反応しませんか?

脱ステによるリバウンドは好転反応

リバウンドはカラダに貯まった毒出しをしている

ステロイドは身体に悪い etc..

薬を飲んでも・塗っても一向に治らない。

むしろ、再発の度に悪化していくなぜ?

そんな時に「このままじゃダメだ」

と脱ステロイドを考えるタイミングとなる方もいらっしゃるかと思います。

私の母はそうだったそうです。

お水もお食事も、アレルギー反応がありそうなものは全て避けているのに

あんなに真っ白な赤ちゃんだったのにと、、、。

壮絶な闘病生活を経験し、

薬を極度に怖がり、拒否していた時期も経験した上で

今、思うこと大切な事。それは、

カラダの基本のシステム・ステロイドという薬を自分から知ろうとする事」です。

知っておきたかった事その1

ステロイドはアトピー性皮膚炎を治すものではない

ここは、言葉マジックにかかっていたなぁと思う所です。

言われた通りに、薬を飲み、薬を塗るとお医者様に言われるのです。

「良くなってきたね、治るまで辞めないでね」と。

一旦は良くなるのです、確かに。

しかし、また悪化するのです。

そして、さらに強い薬を処方され、

「落ち着いてきたね、これで良くなるね」と、延々、このループ。

(1度で良くなる方はOKだと思います)

私の様なタイプの場合、結果として

ステロイドの依存を産んでしまいました。精神的にも安心材料でした。

ここで私が大切だなと思うのが、

先生の言いたい治るの本質

ステロイドでアトピー性皮膚炎という病気が治る事ではなく

皮膚の炎症が治まっている、だという事。

(皮膚科なので先生は大正解です)

私たち患者は、

恐らくアトピー性皮膚炎という病気を治したくて足を運んでいますよね。

皮膚に症状が出るので皮膚科に行きますが、

アトピー性皮膚炎って

名前の由来が「奇妙な」「不思議な」「とらえどころのない」

病と言われていたり、

別名、多因子疾患とも呼ばれているので

読んで字の如く、原因は多岐に渡るのです。

再発を繰り返す場合、

私たちが苦しんでいる皮膚の症状がステロイドのお陰で治まっていただけなのです。

闘病真っ只中、ここまで意識がいかないですよね。

私も今だからこそ、思う事です。

私たち頑張ってますよね!!

少しづつ、細胞から元気になりましょう!!

長くなってしまうのでその②に続きます。

読んでくださり、ありがとうございました。