ホーム > わたしたちの思い
わたしたちの思い

『皆様のQOLを高めるお手伝いがしたい。』



この思いを元に、16名の企画委員と共にQOLサポート研究会は設立されました。



QOLを高めると言う事はどういう事か?

このテーマは、研究をすればするほど非常に深く、多種多様な要素が求められる事が分かってきました。

それは、人によってQOLに対する考えが違うと言う事です。

『時間』『人間関係』『環境』『夢』・・・

QOLを高める事に対する求められる要素は人それぞれでした。



しかし、当研究会で色々な方とお会いしたり、お話をしてみると一つのキーワードが見えてきました

それは、『健康』と言うキーワードです



健康でなければ、病気に対して気を揉む事となり、自分のやりたい事に対して情熱を傾ける事は難しくなります。

情熱を傾ける事が出来ないと言う事は、満足感を求める事が難しいのではないでしょうか?

この事から当研究会は一つの仮説を立てました。


『病気に対して気を取られる必要を減らす事が出来れば、QOLの向上に繋がるのではないだろうか?』



当研究会の企画委員は、医療業界に従事する者でほぼ構成されています。

その企画委員と様々な研究・検証を重ねた結果、上記の仮説はほぼ正しいとの答えを当研究会では導き出しました



また、

『病気に対して気を取られる必要を減らす為にはどうすればいいか?』


を様々な角度から当研究会が調べた結果


『全ての病気の原因は酸素欠乏症である』



と言う言葉に行き着きました。

この言葉は、ノーベル賞受賞候補者の『野口英世先生』の言葉でもあります。

病気は完治する事が理想ではありますが、完治をさせる事が難しい病気もあるのが現状です。

しかし、病気は完治させる事だけが全てではなく、上手に付き合うと言う考え方もあります。


『病気と上手に付き合う為にはどうしたらいいか?』



当研究会では、この言葉をテーマと掲げて今後もQOLを高める為の研究に取組んで参ります。


NPO法人 QOLサポート研究会
理事長 松本高明