ホーム > 病気と上手に付き合うと言う事
病気と上手に付き合うと言う事

『病気は治すもの』

皆さんはその様なお考えをお持ちではないでしょうか?

確かに病気は『治すもの』です。

しかし、当研究会ではもう一つの考え方があると思います。


『病気と上手に付き合う』

当研究会では、『病気を治す』と言う事だけでなく

『病気と上手に付き合う』事でも、QOLを高める事が出来るのではないかと考えております。

当研究会は色々と検証を重ねてきました。その結果として判明した事を、皆様に『病気と上手に付き合う方法』としてご紹介します。



また、

『この病気とはどの様に付き合ったらいいのか?』

『この病気との付き合い方を調べてほしい』等

ご要望がございましたら、下記のフォームよりお知らせください。


『美容と酸素』『病気と酸素』の関係性

『すべての病気の原因は酸素欠乏である。』

約100年も前、かの偉大な医者、野口英世博士がこう言いました。



日本ではがんは死因のトップで、2010年には約3割を占めました。

しかし、がん細胞は酸素を忌避し、酸素不足になった細胞に転移していくことがわかっています。

従って、日頃から十分に酸素を摂取するよう心掛けることでがんを予防できると考えられます。

意外なことにうつや認知症も酸素は関係しています。これらは脳に酸素が不足すると発症するので、

酸素を補給することで予防や改善した例も確認されています。

その他、糖尿病、COPD、他にも慢性疲労や肩こり、腰痛まで酸素不足が関わっているのです。



しかしながら、酸素については、そこまでの重要性を認知されていないのが現状です。

酸素に対する正しい知識を取り入れて、『明るく』『楽しく』『前向き』な生活を送れる様にしましょう。


症例毎の関係性
うつ

肩こり
がん
眼精疲労
更年期障害

ただ今様々な症例を検証しております。検証結果が整い次第ご報告致します。


糖尿病

ただ今様々な症例を検証しております。検証結果が整い次第ご報告致します。


冷え性

慢性疲労
むくみ

腰痛

ただ今様々な症例を検証しております。検証結果が整い次第ご報告致します。


ただ今様々な症例を検証しております。検証結果が整い次第ご報告致します。


COPD


ご連絡フォーム
お名前

メールアドレス (必須)

調べてほしい病名

本文(症状や困っている事等)